メンズ

駆除できない鳩はプロに対策してもらおう!

早期駆除が大切

しろあり

木材をシロアリはエサとするので、住宅の床下などに住みつくと大きな被害を受ける可能性もあります。そのため対策する上で早期発見、早期駆除が大切です。シロアリは敷地が軟らかい場所や風通しの悪さが好きなので、そこを確認してみましょう。何かあれば専門業者へ依頼しましょう。

詳細へ

早めに対応しましょう

ハト

どのように防ぐか

国内では鳥獣保護法により、個人が勝手に鳩を捕まえるような対策はできません。またベランダに鳩の卵があっても、勝手に処分や移動することもできません。したがって個人にできるのは、鳩の侵入防止や、居心地の悪い環境にするなどの対策に限られます。鳥よけネットは侵入防止に有効ですが、隙間があると入り込んで来るので注意が必要です。剣山型の鳥よけマットを、ベランダの手すりなどに固定して、止まる場所を無くすこともできます。この場合、鳩の足元から8cm程度の高さに、ワイヤーやテグスを張っても、同様の効果が得られます。鳥よけ用の電気ショックを与える装置も有効な対策です。それでも被害が大きくなるようなら、専門業者に相談するなどした方が良いでしょう。

習性を知ろう

鳩の糞は、クリプトコッカス症やオウム病などを引き起こす場合があります。さらにアレルギーの原因にもなりますので、ベランダなどに放置するのはやめましょう。鳩は知らないベランダに、巣を作るようなことはしません。はじめはベランダなどを、安全な休憩場所として利用します。そして安全で快適な場所だと分かれば、滞在時間が長くなり待機場所として利用します。さらに居心地が良いと、寝る場所として夜間に滞在するようになり巣作りします。鳩は帰巣本能の強い鳥ですので、一度安全な場所と判断すると、なかなかその場所を離れようとはしません。被害が拡大するほど、鳩にとってその場所が重要となるので、対応にも手間がかかります。したがって、早めの対策が重要になります。

アシナガバチは夏場が危険

蜂

蜂の被害を受けない様にするには、蜂と巣に近づかない事が大切です。また、状況によってはアシナガバチ駆除をお願いしないといけない事態になりますので、その際には専門の駆除業者に依頼をしましょう。

詳細へ

危険があります

ハチ

ハチの退治を行なう際は、慎重に進めていく必要があります。音や動きに敏感なので、声を出したり、音を出して威嚇したりすると刺されたりしてしまう、あるいは刺された後に死亡の可能性まで出てきてしまいます。そのため駆除専門の業者に連絡して退治してもらいましょう。

詳細へ