早期駆除が大切|駆除できない鳩はプロに対策してもらおう!
作業員

駆除できない鳩はプロに対策してもらおう!

早期駆除が大切

しろあり

大きな被害に

シロアリは木材をエサとする害虫で、住宅の床下などに取り付かれると大きな被害を及ぼすことがあります。対策には、早期発見、早期駆除が大切です。シロアリは、アリの羽アリと似ているためしばしば間違われることがあります。アリの羽アリは、羽の大きさが前後で異なり、前が大きな羽になっています。シロアリは4枚とも、ほぼ同じ大きさなので、羽の大きさをよく見ると見分けがつきます。さらに、アリの羽アリは腰の部分が細くくびれていますが、シロアリは細くありません。体の造りを見ても、見分けることができます。シロアリは4から6月ごろに飛んでいることが多いです。軒下や庭の古い木材を好みますので、不要な木材は撤去しておきましょう。

チェックのポイント

シロアリの被害を受けているかどうかを判断するには、いくつかのポイントがあります。敷地が軟らかい場所を好みますので、田畑を造成した土地は注意が必要です。風通しの悪さも好みますので、台所や浴槽付近のじめじめした場所は要注意です。外壁にも変化が見られます。モルタルに亀裂やヒビ割れがあったり、門柱の根元が腐ったり細くなったりしていたら、注意しましょう。虫食い跡もシロアリの危険性があります。柱をたたくと空洞になっているような音がしたり、障子や引き戸の立て付けが悪くなってきたのもサインの可能性があります。これらの状態がいくつか見られたら、シロアリを疑う必要があります。業者に連絡して、専門的に調べてもらいましょう。